AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3190
ID 2004004789
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2004004789.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 465.3 KB
Last updated : Sep 3, 2008
Downloads : 1868

Total downloads since Feb 9, 2007 : 1944
タイトル 【寒圏医学・寒圏看護学の現状と課題】 寄生虫学講座におけるエキノコックス症,有鉤嚢虫症,ライム病についての研究総括
著者
伊藤, 亮 (Ito, Akira)
中尾, 稔 (Nakao, Minoru)
迫, 康仁 (Sako, Yauhito)
中谷, 和宏 (Nakatani, Kazuhiro)
石川, 裕司 (Ishikawa, Yuji)
山崎, 浩 (Yamasaki, Hiroshi)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.2, No.2  (2001. ) ,p.14- 21
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録 北海道を中心に流行している寄生虫疾患エキノコックス症(多包虫症)ならびにマダニ媒介感染症(ライム病)に関する分子から疫学までの従来の研究成果に,新たに単包虫症,有鉤嚢虫症を研究対象として加え,これらの疾患についてのアジアにおける総合研究の中心として機能すべく,国際共同研究を推進してきている.北海道の風土病として知られているエキノコックス症については臨床医から相談を受けた症例について著者等が確立した血清検査法に基づく成績と術後病理検査結果との対応を試みているが,現在行われている北海道立衛生研究所主導の血清検査が感染症新法施行下では十分には機能していないことが懸念される結果が得られている
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム