AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:176
ID f1901002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 f1901002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.0 MB
Last updated : May 16, 2023
Downloads : 187

Total downloads since May 16, 2023 : 187
タイトル 神経線維腫症1型患者の皮弁形成術後20年目に生じた特発性皮下血腫に対して経カテーテル的出血コントロールに成功した一例
著者
緒方, 美季
沖崎, 貴琢
大屋, 明希子
藤本, 弥臣
八巻, 利弘
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.19, (2022. 3) ,p.2- 10
抄録 神経線維腫症1型患者(NF1)で、頸部神経鞘腫術後の皮弁移植形成術後20年目に特発性に血腫を生じ、経カテーテル的動脈塞栓術(TAE)によって出血コントロールを得られた一例を経験したので報告する。症例は60 代女性で、右後頭部腫脹のため近医を受診し、精査にて活動性出血を伴う皮下血腫と貧血、臨床的にショックバイタルが判明したため当院へ救急搬送された。転院当日に主要な出血源である右後頭動脈に対しTAE が行われた。右顔面動脈領域にも少量のextravasation が認められたが、皮弁の虚血リスクを考慮し、顔面動脈の塞栓は行わずに手技を終了した。しかし翌日に血腫増大を認めたため、右顔面動脈に対するTAEも追加で施行した。術後には皮弁の壊死を認めたが、デブリードマンを繰り返し,同部は肉芽形成が確認されるまでに改善した。NF1の出血に対しては血管脆弱性のため外科的な止血処置が困難な場合もあり,比較的低侵襲で効果的な報告が近年増加しているTAEが適応となる場合も多い。皮弁形成部分に対するTAEは塞栓範囲の決定が非常に難し
いが、本症例からは複数科と協議の上で皮弁形成部の壊死をどの程度まで許容して,出血コントロールを優先するかを決定する事も重要であると考える。
キーワード
神経線維腫症1型
特発性出血
頸部皮弁
血管内治療
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム / 旭川医科大学研究フォーラム第19巻
関連アイテム