AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1017
ID 2021197506
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2021197506.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Oct 12, 2021
Downloads : 331

Total downloads since Oct 12, 2021 : 331
タイトル 保健師学生が認識した保健師の看護過程の特徴 看護師と対比して
著者
塩川, 幸子 (Shiokawa, Sachiko)
山下, 千絵子 (Yamashita, Chieko)
神戸, 愛 (Kobe, Ai)
水口, 和香子 (Mizuguchi, Wakako)
藤井, 智子 (Fuji, Tomoko)
上位タイトル
北海道公衆衛生学雑誌 Vol.34, No.2  (2021. 3) ,p.123- 130
識別番号
ISSN
0914-2630
医中誌ID 2021197506
抄録 本研究は学生が認識した保健師の個別支援における看護過程の特徴を看護師と対比して明らかにすることを目的とした。保健師学生11名のレポートを質的記述的に分析し、看護師18カテゴリ、保健師21カテゴリを生成した。看護師は入院から退院までの短期間で集中した関わり、保健師は生涯を通した長期的な関わりという時間軸の違いがみられた。看護師は治療と回復を最優先としたケア、保健師は家族と生活を優先したケアが特徴であり、共通点は対象者との信頼関係が基盤となることであった。学生は保健師の看護過程の特徴として、幅広く柔軟な情報収集の枠組みで、人生に寄り添い、地域での生活に即した支援を考えること、QOLの評価と継続支援の判断を行うと認識していた。今後は、地域での生活のアセスメント枠組み構築と思考プロセスを磨く教授方法の必要性が示唆された。
キーワード
個別支援
看護過程
保健師学生
認識
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
Index
/ Public
/ Public / 国内雑誌論文 / 国内論文2021
関連アイテム