AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:910
ID f1401013
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 f1401013.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.6 MB
Last updated : Apr 15, 2014
Downloads : 922

Total downloads since Apr 15, 2014 : 922
タイトル 医学部卒前教育の変遷と国際認証に向けた方向性
著者
蒔田, 芳男 (Makita, Yoshio)
井上, 裕靖 (Inoue, Hiroyasu)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.14, No.1  (2014. 2) ,p.13- 18
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録  本稿では、21 世紀を前にして全国的に導入された新しいカリキュラムの概要(CBT、OSCE に代表される共用試験の導入、診療参加型臨床実習および初期臨床研修制度導入への布石としての医学教育モデル・コア・カリキュラムの策定)を歴史的に振り返り、卒前医学教育内容決定の手順を示す。現行の医学科「2009 カリキュラム」の特徴を示す。次に私たちが直面している二つの新しい潮流を記載する。一つは、中教審答申にも盛り込まれた「プロセス基盤型教育」から「アウトカム基盤型教育」への教育理論の変遷の流れである。もう一つは、現在対応が迫られている医学部学部教育の国際基準での認証の流れである。本学が置かれている状況を解説することで、これからの医学教育改革の方向性を考えてみたい。
キーワード
プロセス基盤型教育
アウトカム基盤型教育
医学教育モデルコア・カリキュラム
診療参加型実習
注記 雑誌掲載版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム