AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3372
ID 2002132632
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2002132632.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 652.5 KB
Last updated : Sep 3, 2008
Downloads : 1233

Total downloads since Feb 9, 2007 : 1282
タイトル マウス卵細胞質内精子注入(ICSI)法を用いたヒト精子染色体研究法の確立
著者
渡邉, 誠二 (Watanabe, Seiji)
上口, 勇次郎 (Kamiguchi, Yujiroh)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.2, No.1  (2001. ) ,p.46- 55
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録 965個のマウス未受精卵にICSI法を用いて正常ヒト精子を注入し,得られた胚を第一卵割中期まで培養して染色体分析を行なった.965個中,49.9%で染色体分析が可能であった.ICSI操作までの間,培養液中に保存された精子と卵はエイジングを起こしたが,卵の発生率,精子の構造的染色体異常出現率の比較から,3時間以内にICSIを終えればエイジングも問題とならなかった.本法は分析効率も十分高く有効であった.本法を用いれば特定の形態を持つ精子のみを注入して染色体異常との関連を調査したり,受精能を持たない精子の染色体分析も可能である
キーワード
精子; 染色体; 染色体異常; ヒト; マウス; 卵; 卵細胞質内精子注入法(実験的);染色体検査
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム