AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3143
ID 2002130160
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2002130160.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 647.7 KB
Last updated : Sep 3, 2008
Downloads : 955

Total downloads since Feb 9, 2007 : 1017
タイトル 人工股関節置換術 弛むことのない人工関節への夢
著者
松野, 丈夫 (Matsuno, Takeo)
谷野, 弘昌 (Tanino, Hiromasa)
大水, 信幸
西村, 生哉
伊藤, 浩 (Ito, hiroshi)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.2, No.1  (2001. ) ,p.3,30- 35
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録 人工股関節置換術は末期股関節症患者に対して疼痛の軽減や可動域の回復を目的として行われる.以前は術後15年で,その約半数に弛みが生じるとされていたが,工学的技術及び手術手技的技術の改良で現在では術後15年における弛み率は5%以下になっている.しかし依然として人工股関節の経年的弛みは避けることの出来ない合併症であることも事実である.人工股関節弛みの最も大きな要因と考えられているのは関節摺動面において発生するポリエチレン摩耗粉である.将来的にポリエチレン摩耗粉の発生を減少(或いは防止)させることが可能となれば,一生弛むことのない人工股関節も夢ではない
キーワード
骨セメント; 人工器官機能不全; 人工股関節(実験的); Polyethylene; 人工股関節置換
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム