AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:242
ID 2018160784
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2018160784.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 5.5 MB
Last updated : Aug 7, 2018
Downloads : 174

Total downloads since Aug 7, 2018 : 174
タイトル 75歳以上の高齢関節リウマチ患者におけるエタネルセプトの有効性と安全性
著者
児玉, 暁 (Kodama, Satoru)
伊藤, 聡 (Ito, Satoshi)
小林, 大介 (Kobayashi, Daisuke)
成田, 一衛 (Narita, Ichiei)
村澤, 章 (Murasawa, Akira)
牧野, 雄一 (Makino, Yuichi)
中園, 清 (Nakazono, Kiyoshi)
上位タイトル
臨床リウマチ Vol.29, No.4  (2017. 12) ,p.238- 250
識別番号
ISSN
0914-8760
DOI 10.14961/cra.29.238
医中誌ID 2018160784
抄録 目的:近年関節リウマチ(RA)患者の高齢化に伴い高齢RA患者に対しても生物学的製剤を使用する機会が増えている。エタネルセプト(ETN)は血中半減期の短さから、高齢関節リウマチ(RA)患者にも比較的安全に使用可能であると考えられ、既に多数例に使用されていると思われるが、その使用成績の報告は少ない。我々は75歳以上でETNを開始した高齢RA患者48名におけるETNの有効性と安全性を検討した。対象・方法:2008年5月から2014年3月に当院でETNを導入した336人のRA患者のうち、導入時の年齢が75歳以上であった48例(男性18例、女性30例)を対象に、24ヵ月を最終評価時として、患者背景、疾患活動性の推移、有害事象をretrospectiveに解析した。結果:患者の平均年齢は79.0±2.9歳で、ETN使用により関節所見、血清学的所見、疾患活動性スコアはいずれも有意に改善を認め、使用前に比べ最終評価時ではプレドニゾロン(PSL)の平均使用量も有意に少なかった。有害事象は11例に認め、7例でETNの使用が中止され、そのうち4例は感染症であった。結核(85歳)、ニューモシスチス肺炎(80歳)による死亡を各1例ずつ認めた。結論:75歳以上の高齢RA患者において、ETNは重篤な感染症については注意が必要であるが、有効な治療手段であると考えられた。
キーワード
efficacy
elderly
etanercept
rheumatoid arthritis
safety
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
著者版フラグ publisher
Index
/ Public
/ Public / 国内雑誌論文
関連アイテム