AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2819
ID 2007329128
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2007329128.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 4.8 MB
Last updated : Sep 8, 2008
Downloads : 1501

Total downloads since Sep 8, 2008 : 1501
タイトル 生殖医療補助技術の現状と展望
著者
千石, 一雄 (Sengoku, Kazuo)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.7, No.1  (2006. 12) ,p.13- 18
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録 世界初の体外受精児の誕生からわずか20数年の間に、生殖医療補助技術(Assisted reproductive technology:ART)は不妊治療法として急速に臨床に普及し、従来、妊娠が困難であった難治性不妊患者に多くの福音をもたらした。一方、多胎妊娠、未熟児出産の増加、卵巣過剰刺激症候群発症などの弊害も生まれた。また、新たな生命倫理に関わる問題も提起されるようになり、早急に解決すべき多くの課題が残されている現状にある。近年、胞胚移植、assisted hatching技術の導入により妊娠率の向上を認めるが、本邦における生産率は未だ20%前後と低値である。さらには、高齢婦人、精子、卵子が先天的、後天的に欠如した症例、悪性腫瘍で抗癌剤治療を必要とする患者の妊孕性の確保・温存など今後のさらなる技術革新が期待される。
キーワード
生殖医療補助技術、体外受精、卵細胞室内精子注入法
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム