AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3960
ID 2007267079
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2007267079.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 475.1 KB
Last updated : Aug 31, 2009
Downloads : 1462

Total downloads since Aug 31, 2009 : 1462
タイトル 1S,3R-1-aminocyclopentane-1,3-dicarboxylic acid(1S,3R-ACPD)の中脳網様体注入によって誘発されるラットのけいれん反応について
著者
石本, 隆広 (Ishimoto, Takahiro)
高崎, 英気 (Takasaki, Hideki)
田端, 一基 (Tabata, Kazuki)
石丸, 雄二 (Ishimaru, Yuji)
田村, 義之 (Tamura, Yoshiyuki)
千葉, 茂 (Chiba, Shigeru)
上位タイトル
日本薬物脳波学会雑誌 Vol.6, No.1  (2004. 7) ,p.31- 33
識別番号
ISSN
1346-5023
抄録 SD系雄ラットの左側中脳網様体(MRF)に双極深部電極を刺入し、MRFの電極には24Gのガイドカニューラを双極電極先端より1.0mm上方に貼り付け、更にMRFと同側の大脳皮質運動野と小脳皮質に相当する頭蓋骨にネジ電極を装着した。実験1では左側MRFに10nmol用量の1S,3R-1-aminocyclopentane-1,3-dicarboxylic acid(ACPD)を注入しても明らかなけいれん発作症状は出現しなかった。実験2ではACPDと対照群(saline注入)で注入終了後15分・30分・45分時点で60秒間の音刺激後の脳波を観察した。その結果、全ラットでMRF優位にspikeやslow waveなどの脳波異常が認められた。この結果からACPD微量注入によるMRFでの興奮性神経伝達の増強には10nmolという量では発作症状を誘発する強度はないものの、ACPD注入後の音刺激によってMRFでのけいれん準備性が亢進して脳波異常が出現したと考えられた。以上より先行研究結果と合わせて考察すると、イオノトロピック型興奮性アミノ酸受容体を介した興奮性神経伝達の増強の方が、メタボトロピック型興奮性アミノ酸受容体を介した場合よりMRFのけいれん発作発現機序に密接に関連していることが示唆された。
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public
/ Public / 国内雑誌論文
関連アイテム