AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3551
ID 2004004810
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 2004004810.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 536.7 KB
Last updated : Sep 3, 2008
Downloads : 935

Total downloads since Mar 9, 2007 : 971
タイトル 唾液中プロゲステロン測定の臨床応用 寒圏地域アイルランド国立大学との国際協同研究による臨床開発治験の経緯
著者
石川, 睦男 (Ishikawa, Mutsuo)
上位タイトル
旭川医科大学研究フォーラム Vol.3, No.1  (2002. 12) ,p.73- 75
識別番号
ISSN
1346-0102
抄録 唾液の性ステロイドのプロゲステロン(P4)測定による黄体機能評価法の有用性を検討した.黄体機能正常の51例から求めた高温相中期における唾液中P4値の95%タイルの正常範囲は30〜180pg/mL,黄体機能不全群とのカットオフ値は60pg/mLとなった.又,血中P4値に対する唾液中P4値の比率は約0.6%であることから,黄体期中期における血中P4値から正常と判定される10ng/mL以上は,唾液中P4値では60pg/mL以上となった.唾液中P4と基礎体温とのプロファイルが極めて類似していることから,唾液中P4濃度測定の黄体機能評価法としての臨床的有用性が明らかとなった
注記 出版社版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 旭川医科大学
/ Public
/ Public / 旭川医科大学 / 旭川医科大学研究フォーラム
関連アイテム