AMCoR Asahikawa Medical College
HOME
|

AMCoR:Asahikawa Medical University Collection and Research (旭川医科大学学術成果リポジトリ)は、本学で生産された電子的な知的生産物(学術雑誌論文の原稿・教材・学術資料など)を保存し、原則的に無償で発信するためのインターネット上の保管庫です。

※AMCoRに収録された学術論文のほとんどは、商業出版社や学会出版社の学術雑誌に掲載されたものですが、著作権に係わる出版社の方針により、出版社の条件に添った版を収録しています。そのため実際の誌面とはレイアウトの相違や、字句校正による文言の違いがあり得ますことをあらかじめご了承ください。


| ホーム ニュース ログイン |

Language

AMCoR検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:631
ID 1992172343
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
本文 1992172343.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.1 MB
Last updated : Jun 11, 2014
Downloads : 319

Total downloads since Jun 11, 2014 : 319
タイトル AFP高値を呈した縦隔胚細胞腫瘍の1例
著者
秋葉, 裕二 (Akiba, Yuji)
川辺, 淳一 (Kawabe, Junichi)
長内, 忍 (Osanai, Shinobu)
石田, 栄 (Ishida, Sakae)
中野, 均 (Nakano, Hitoshi)
松本, 博之 (Matsumoto, Hiroyuki)
大崎, 能伸 (Ohsaki, Yoshinobu)
飛世, 克之 (Tobise, Katsuyuki)
小野寺, 壮吉 (Onodera, Sokichi)
久保, 良彦 (Kubo, Yoshihiko)
藤田, 昌宏 (Fujita, Masahiro)
上位タイトル
呼吸 Vol.10, No.11  (1991. 11) ,p.1348- 1352
識別番号
ISSN
0286-9314
医中誌ID 1992172343
抄録 19歳男.持続性の右前胸部痛と発熱のため入院.胸部X線写真上,前縦隔から右胸腔を占める16×14 cmの巨大な腫瘤陰影を認めた.血清AFPが15,584 ng/mlと高値を示した.経皮的穿刺生検により,yolk sac tumorと診断し,シスプラチン(CDDP)を含む化学療法を3クール施行後腫瘍摘出術を行った.手術標本ではseminoma様の細胞を主体とする複合型の病理組織像を呈していた
キーワード
前縦隔胚細胞腫瘍、アルファフェトプロテイン
注記 雑誌掲載版
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public
/ Public / 国内雑誌論文
関連アイテム